トップへ戻る

友達や同僚や生徒の前で普通に会話をしながら放尿するのが普通の世界


会話をしながら放尿するのが普通の世界を作品にしている

もしもトイレという概念や羞恥が無い世界だったら2。

 

というタイトルの作品を紹介します。

 

このシリーズの2作目となります。

 

人間って人前でも鼻をかんだりクシャミしたりしますけども、それと同じレベルで普通に友達や同僚や生徒の前でもおしっこを平気でするという、そのような事をしても羞恥心のない世界を作品で表現されております。

 

なかなか面白い発想だなって思いますね。

 

それでは具体的な作品紹介に入ります。

 

羞恥心がない放尿

 

 

マイボトルにおしっこをする

友達の前や面接官の前や教室にいる時や生徒の前でマイボトルを持参し、用を足したくなるとそのマイボトルに会話をしながらおしっこをしております。

 

マイ容器におしっこ

 

当然それが普通の世界になっているので、それを見てる相手はびっくりもしてないですし、おしっこをしている本人も全く羞恥心を見せておりません。

 

もちろんこれは演技なわけですけども、もしかしたら心の中ではすごく恥ずかしい気持ちに支配されてたのかもしれません。

 

教室内で放尿

 

 

水槽のような容器に放尿

中には水槽のようなちょっと大きめな容器に放尿している女性もおりました。

 

水槽に放尿

 

このような容器の中におしっこをしてるときも、もちろん普通に当たり前に会話をしちゃってます。

 

カメラアングルもなかなか良くて容器に放尿されるところの接写なども見れるようになってます。

 

排尿接写

 

うんこに排便するシーンはありません。

 

もし本当にこんな世界があったとしたら、一番気になるのが臭いかなって思います。

 

おしっこをその場でしたらやっぱりかなり臭うはずなんで、その臭いも含めて普通の世界になってしまってるという設定なのかもしれませんね。

 

ジーンズ姿の女性がジーンズをずりおろして容器におしっこをしてるシーンなんかもなかなか面白かったです。

 

皆さんの表情をみても全く普通の表情をしてますし、恥ずかしさのかけらも感じられなかったです。

 

そのあたりもすばらしいなあっておもいました。

 

今度はぜひ大便編もやってほしいなあっておもいますね。

 

 

まとめ

とても非日常感を味われる内容かなって思いますし、ちょっと普通のスカトロものとは違うものをお探しの方にはぴったりな作品かなって思います。

 

ジーンズ女の放尿

 

⇒もしもトイレという概念や羞恥が無い世界だったら2

 

この動画の優良配信サイトであるDUGA無料会員登録はこちらから
   ↓

 

無料会員登録